30歳からはじめるライター生活・シナリオライター須々木鮎尾さんにいろいろ話を聞いてみた(2/2)

30歳からはじめるライター生活・シナリオライター須々木鮎尾さんにいろいろ話を聞いてみた(1/2)

2017.02.20

【シナリオライター】

オタハナちゃん
得意なジャンルは?
須々木さん
ミステリですね!!まあ、アダルトゲームの仕事として書いたことありませんので、本当に得意かどうかはわかんないんですけどね。でもきっと得意だと思います。だって大好きですから!
オタハナちゃん
好きなことは大切な要素ですね。書く際にこだわりは?
須々木さん
読みやすいこと。口語表現を中心にして、難しい言い回しをできるだけ使わないこと、ですかね。
オタハナちゃん
なるほど。
須々木さん
文章は基本、画面の添え物です。キャラや音楽、演出を主に楽しんでもらうため、テキストはさらっとした感じの方がいいんじゃないかなーって須々木は考えております。
オタハナちゃん
あくまでサポーターとしての役割というところでしょうか。
須々木さん
あと、誤脱を全然気にせず、修正はデバック任せにして、だーっと早く片付けてしまうことですね。手が遅く、なかなかテキストが上がってこないよりもこっちの方がディレクターさんも安心ですからね。多分。
オタハナちゃん
後の作業がある前提で進めた方がプロジェクト的にも助かりますよね。
須々木さん
・・・それと、須々木、単価が安めなので、量を書かないと生活ができません。
オタハナちゃん
生産量は大切なところですね。
須々木さん
そのため、「誤脱、キャラ口調、語彙変更、呼称修正」などのリテイクは先方にお任せするスタイルで作業させてもらうことが多いですね。とまあ、そんなわけで「早く、沢山書くこと」に力を注いでおります。
オタハナちゃん
尊敬するライターさんは?また影響を受けた作品は?
須々木さん
実はアダルトゲームのライターさん、全然知らないんです!須々木、全然アダルトゲームをプレイしませんから・・・。あ、もちろん、サンプルで頂いたソフトはプレイしてますよ?
オタハナちゃん
そうなんですね。個人的に凄い好きなひとが書いているものかと思っていました。
須々木さん
業界人なら知ってて当然の有名ライターさんの名前とか知らなくて、呆れられることもしょっちゅうですねぇ。でも、一人だけ、憧れのライターさんがいらっしゃいます。
オタハナちゃん
どなたでしょうか?
須々木さん
大神キリン」さんという方なんですが・・・。この人、ニコニコ動画のゲーム実況者として有名なんです。
オタハナちゃん
ゲーム実況ですか。意外なところから出てきましたね。
須々木さん
須々木、「ゲーム実況」というカテゴリーが大好きなんですよね。で、ゲーム実況を見ることにハマった動画のきっかけが、このキリンさんの訛り実況だったんです。とある作品で、同じライターとして名前が並んだ時は嬉しかったな~。
オタハナちゃん
ここ数年、業界的にシナリオライター不足ということですがいかがでしょうか?(参考:エロゲ業界が深刻なシナリオライター不足らしい!)
須々木さん
これは、まあ、アレですね。先述した「ディレクターの指示通り書けて、締め切り守れて、リテイクに応じられる人」って、実はそんなに多くないんじゃないか、ということではないですかねぇ。
オタハナちゃん
と言いますと?
須々木さん
外注のシナリオライターは、ディレクターさんの考えたプロットを文章化する最中で、「こうしたら面白くなるのに」「俺ならこう書くのに、なぜリテイク?」とポワワンと芽生えた自我と戦う羽目になります。
オタハナちゃん
ふむふむ。
須々木さん
末端ライターの自己主張なんて、ディレクターさんからしたらどうでもいいことです。プロデューサーさんが考えた「こういう路線の、こういうキャラでの、こういうシチュエーションのエッチ」を商品の訴求対象の「核」があって、ディレクタさんーはその商品価値を守りながら形に変えていくという鉄の掟に従って制作ラインを運営しなきゃなりませんから。そんな中、末端の外注ライターが好き勝手に書いたりしては、ディレクション側はたまったもんじゃありません。
オタハナちゃん
何となく分かってきました・・・。
須々木さん
もちろん、そのライターに実力があり、ディレクターが考えている以上の商品価値をテキストで叩き出すケースもあることはあるでしょう。結果、ヒット作になって、ライターの名前が大きく売れることも時にはあります。
オタハナちゃん
憧れの天才事例ですね。
須々木さん
でも、そういうことって滅多にないんですよね。ほとんどのライターは書きたいことを書けず、締め切りに圧迫され、指定容量を満たすために無理やり膨らませたカッスカスのテキストを泣きながら書くことになります。
オタハナちゃん
とても辛い・・・。
須々木さん
必然的に商業エロゲライターは「自我を持たず、プロット通り、納期通り、指定容量通りに書く筆耕マシーン」が求められてしまいます。
オタハナちゃん
なるほど。
須々木さん
「好きに書きたい」「好きなエロシーンを作りたい」という欲求に耐えられず、好き勝手書けば、ディレクターに怒られる──でも、ライターにはなりたい・・・あ、そうだ、同人をやればいいんだ!! となるのもまた必然といえるでしょう。幸い、というか不幸というべきか、ネット販売という形式が発達し、「小売店の棚をどう専有するか」という流通の従来の苦労は泡となって弾けつつあります。
オタハナちゃん
確かに同人作家さんや作品は増えてきていますよね。
須々木さん
──ディレクターさんに評価されないけど、能力のある人・・・いえ、窮屈な商業エロゲの世界に収まりきれない自由人は、同人世界の沃野を目指して漕ぎ出していきました・・・めでたしめでたし。とは言っても、同人で生活することは簡単ではありません。売れないと生活できませんからね。結局商業でも同人でも上手く行かず、筆を折るライターも相当いるんじゃないでしょうか。
というわけで、参考文献にある「エロゲ業界で、ライター不足」という叫びは、商業エロゲから同人に人材が流れ出つつあるという警告の声なのかもしれませんね。
オタハナちゃん
今までに困った依頼などありましたらエピソードを聞かせてください。
須々木さん
エロゲ的にはあまりありませんねぇ。ただ、いろんなライターがいるように、ディレクターさんも千差万別です。できるだけライターに配慮したようなディレクションを心がける方もいれば、ライターの書く語句の一つ一つまで管理して、書き直させる豪腕ぶりを見せる人もいます。
オタハナちゃん
どの世界にもそういう方いらっしゃいますよね。
須々木さん
そういう「肌に合わないディレクター」に出会うと、苦痛に満ちた仕事が待ってますね。
オタハナちゃん
仕事柄・ネットで様々な評価をされることがあると思いますがチェックしていますか?
須々木さん
まっっったくしません!!
オタハナちゃん
あら?そうなんですね。
須々木さん
須々木、ハートがノミですので、批判されたりすると、油巻いて周りを巻き込みながら焼死したくなるんです。だから、須々木の評判や、須々木が関わったゲームの評判は一切耳に入らないようにします。
オタハナちゃん
シナリオライターとして今まで出会った人で「この人は凄い」と思った人はいますか?
須々木さん
関西圏で、よく同業者とご飯食べたり飲みに行ったりしていますが、みんな頑張ってますね。その中でも、ライターから身を立て、会社を作ったり、ディレクションやプロデュースまで出来るようになった人を須々木は尊敬いたします。
オタハナちゃん
オールマイティーで天才肌な人ですね。憧れますよね。
須々木さん
また、純粋に沢山書ける人、あるいはアダルトゲームだけじゃなく小説家としての一面を持っている人も尊敬します。そして、同人でしっかり食べていけている人もすごいと思います!ぶっちゃけ、みんな凄い! って思っています。
オタハナちゃん
シナリオライターとして最近「これは凄い」と思った作品はありますか?
須々木さん
アダルトゲーム、ということでしょうか。うーん、須々木、エロゲ、全然プレイしないのでなんとも・・・。
オタハナちゃん
先程の話ですとそうでしたね・・・。
須々木さん
海外ドラマが大好きで、よく見てるんですが、どれもこれも脚本が凄いですね!相当制作上の制約が多いと思うのに、よくぞまああそこまでキャラをしっかり立たせ、求心力の高い事件が起こり、展開が二転三転し、次回に美しく続かせることができるもんだと感心させられてしまいますね。
オタハナちゃん
次回を見せようとする展開が毎回唸らせられますよね。シナリオライターとしての目標は?
須々木さん
つつがなく、ライター人生を終えること、ですかねぇ。
オタハナちゃん
安定ですねぇ・・・。
須々木さん
・・・正直言えば、小説家に転身したいです。ヒット作はいりません。ほそぼそ生活できるレベルで売れれば・・・って、それがめちゃくちゃ難しいんでしょうけど。
オタハナちゃん
シナリオライターを志そうと思っている人へ現在のあなたから経験を含めアドバイスをお願いします。
須々木さん
アダルトゲームのシナリオライターとして大事なのは、書き続けられること、ですね。
オタハナちゃん
書き続けられること?
須々木さん
ディレクターさんの考えたキャラ、イベントを極力ディレクターさんの意図したとおりに文章化した成果物を求められます。なので、「こうした方が面白い」とか「こういうセリフを喋らせたい」とか、作家のオリジナリティは歓迎されない場合が多くあります。
オタハナちゃん
ふむふむ
須々木さん
とりあえず作家性を押し殺しましょう。ディレクターさんに好まれるライターが、いいライターだと須々木は考えています。
kobe-818395_960_720

【お金】

オタハナちゃん
年収はだいたいいくらぐらいですか?
須々木さん
年収はここ近年400~500万程度です。
オタハナちゃん
満足していますか?
須々木さん
お金、大好きなので(浴槽に万札入れて、入浴したいレベル)、もっと欲しいですね。でもまあ、十分生活できていますので、これ以上望むのは贅沢かな、とも思います。
オタハナちゃん
今の生活レベルに満足は?
須々木さん
今のマンションは分譲なのですが、風呂の追い焚き機能がないことと、洗濯機がベランダ置きなのが不満なんですよね。
オタハナちゃん
お仕事柄、住処は大切ですね。
須々木さん
なので、もう一ランク上のマンションに住みたいなーって思っています。ただ、フリーライターは住宅ローンが通らないんです!!
オタハナちゃん
あーそういう弊害はありますね。
須々木さん
何らかの手段で大きく稼ぐ必要がありましょうな。んー、内臓でも売ろうかな・・・。
オタハナちゃん
いい人紹介しましょうか?(ニギニギ)話は変わりますが今までの職歴を教えてください。
須々木さん
フリーター歴はそこそこ長かったので、色々経験しましたが、基本はコンビニ、スーパー、ガソリンスタンド、宅配ピザ等の店員が主でした。変わり種は、「ヒーローショーの中の人」ですかね。
オタハナちゃん
ヒーローですか!?
須々木さん
ショーのために、会社の事務所で器械体操・空手・お芝居の稽古を週2くらいみっちりやらされたのは色々いい経験になりました。
オタハナちゃん
なかなか無い経験ですね。
須々木さん
で、最終的に古本屋の店員に落ち着いて、準社員になるまで務めました。そして29歳の頃、一念発起して就職活動をして、運良く、奇跡的に、九州のゲーム会社に受かってしまったんです。
オタハナちゃん
先程のお話のに繋がってくるわけですね。
須々木さん
そこで3年務めたんですが、遠距離恋愛してた彼女と結婚するために関西に帰り・・・・・・んで、色々あって婚約解消。そのショックで、転職した大阪のゲーム開発会社を衝動的に退職して・・・・・・・・・で、今に至ります。
オタハナちゃん
すごいストーリーがここに・・・。現在の生活には満足はしていますか?
須々木さん
今の仕事が辛いと思ったことほとんどありません。ただ、将来的な不安はどうしても拭えませんねぇ・・・。
オタハナちゃん
不安ですか。
須々木さん
今はまだ体力がありますから、無理さえすればいくらでも作業量が増やせます。けど10年後は? 20年後は? と考えたら、どうなってるかわかりません。
オタハナちゃん
デスクワークは体に気を使わないと、気がつくとすぐやられますからね・・・。
須々木さん
それに、アダルトゲームは、都市条例次第で消滅してしまう不安定な存在です。10年後、商業として成立していないかもしれません。
オタハナちゃん
業界の先行きが見えない流れも確かに不安ですね。
須々木さん
つつがなく老後を過ごしたいんですが、不安過ぎて不安過ぎて・・・などと色々考えていたら、ハゲてしまいましたね。ものの見事に。
オタハナちゃん
将来的にどのようなライフスタイルで仕事をしたいですか?またどのような仕事をしてみたいですか?
須々木さん
小説が書きたいんですが、なかなか時間が取れません。きっとこれが、須々木の能力の限界なんでしょう。小説家として生計を立てられる人は、まるで呼吸をするように。書き続けられますからねぇ。
オタハナちゃん
そんなものなんですね。
須々木さん
それに、若いライターさんがどんどん入れ替わりに入ってきますから、いずれ須々木のような「速い・安い」が取り柄の便利屋ライターは居場所がなくなってしまうでしょう。
オタハナちゃん
んー大切なポジションだと思いますが・・・。
須々木さん
時折脚光を浴びるアダルトゲームライターさんはいらっしゃいますが、須々木はそういうタイプではありません。なので、今のうちにお金をためておいて、何か資格を取って、ほそぼそと食いつなぎながら趣味として小説が書ければなー・・・という後ろ向きな考え方ばかりしています。
オタハナちゃん
なるほど。
須々木さん
アダルトゲームライターとして、須々木に明るい未来像はあまりありませんねぇ。なので、今のうちにしっかりと頑張っておきたいと思っております。
オタハナちゃん
1ヶ月の出費を100%として、内訳の%を教えてください
須々木さん
writer_graf
・生活費(食費家賃など)25%
分譲マンションのローンは終わってますから、家賃はかかってません。ただ固定資産税と、毎月の管理費は結構バカになりません。築30年の歴史の重みは、月々の管理費となって生活を圧迫しやがるんです。
・趣味費(趣味にかかるお金)20%
インターネット代、スポーツジム、武道の月謝、読書、バンド活動などにお金が消えています。TRPGも趣味なんですが、こりゃほとんどお金がかかりません。いい趣味ですね。
・交際費(友人との外食交際などのお金)20%
須々木、下戸なので、お酒は一切飲みません。なので、しょっちゅう関西圏の同業者の方々とランチ会や、焼肉会をしています。・貯金 10~20%
もっと貯金できる月もあれば、まったくできない月もあります。年間100万貯金が理想です。・・・全ッ然、実践できてませんけどね。
・その他 15~20%
なんやかんやで、お金って羽生えて飛んでいってしまいますね。ここ数年、実家のローンを肩代わりしたり、実家の修繕費の頭金を出したり・・・と、定期的に貯金がゼロになるイベントが発生し、ついウッカリ「人生ゲームかよ!」と声を上げてしまいます。貯金を増やすためにも、予定外の出費はできるだけ抑えたいものですねぇ。

【プライベート】

オタハナちゃん
オタク趣味はありますか?
須々木さん
あまりオタク寄りの趣味はないんですよね。漫画は大好きですよ。月々1万円から2万円ぐらい買ってます。読書は推理小説が基本ですね。好きな探偵はフィリップ・マーロウと海原琢磨呂です!・・・どっちも本格推理モノの探偵じゃありませんが。それと時代小説もよく読みます。あとはSFや、雑学関係ですかね。
suzuki003
オタハナちゃん
先程も小説の話が挙がっていましたね。他には?
須々木さん
コンピューターゲームも大好きなんですが、仕事の時間が奪われるため、近年はほとんどプレイしなくなってしまいました。海外ドラマも大好きですよ。須々木の一日は、ケーブルテレビの放映スケジュールに従って動いているといっても過言ではありませんね!
オタハナちゃん
オタク趣味意外の趣味は?
須々木さん
それと若い頃からバンドを組んでいまして、だらだらとスタジオに入って遊んでいます。ライブとかせず、うちわだけでコッソリ楽しんでる感じなので、腕前的は・・・まあ酷いもんです。それでも息抜き程度に楽しんでいます。
suzuki008
オタハナちゃん
いいですね。他には?
須々木さん
今一番熱心な趣味は、ジム通いですかね。近々フルコンタクト空手の初段審査を控えていまして、毎日のように筋トレと有酸素運動をしています。並行して少林寺拳法も習っていて、こっちは来年の冬ぐらいに黒帯をいただけそうですね。それと近々伝統派空手と合気道の門を叩くつもりです。
オタハナちゃん
シナリオライター格闘技大会があったらいい線行きそうですね・・・。
須々木さん
・・・須々木、いったい何を目指しているんでしょうね。
オタハナちゃん
今まで触れた作品で自分に影響を与えたもの教えてください。
須々木さん
映画はそんなに見ないんですが、アクション映画が大好きです。世代的にジャッキー・チェン直撃ですから。一番好きなのは・・・うーん・・・「マトリックス」かなぁ。
matrix388-2
オタハナちゃん
おー王道ですね。
須々木さん
「マッハ!!!!!!」とか「少林サッカー」とかも大好きなんですが、ハードコアSFな世界観が大好きです。ガンアクションも格闘アクションも大好きですからね、当時最高の特撮技術の粋がミッチミチに詰まっています。映画館で、本当に時を忘れて楽しみましたね。
オタハナちゃん
私も3部作全部チェックしました。攻殻機動隊など日本のそれにインスパイアされている所もあり、とてもおもしろかったですね。
須々木さん
監督の趣味とか、やりたいこととか、色々全部盛り込んでるのに、最高に面白いだなんて、贅沢過ぎます。商業作品なんて、売れるために色々我慢して作らなきゃいけないことが多いじゃないですか。なのに、あの盛り込み具合・・・なんかもう、ズルいっすよね。
オタハナちゃん
やりたい放題でしたね。
須々木さん
ハリウッドの持つエンターティメントのパワーに打ちのめされました。
須々木さん
ゲームも一つに絞るのは難しいですね・・・うーん・・・。一番長時間プレイしたのは「オブリビオン」でしょう。
オタハナちゃん
超名作ですね。
須々木さん
「フォールアウト3」や「スカイリム」もそれに次ぐプレイ時間でしょうね。「風来のシレン」も相当長いし・・・でも、一番影響を与えた作品と言われたら、多分「ガンパレード・マーチ」かもしれません。


オタハナちゃん
ガンパレード・マーチ!また懐かしい名作を。
須々木さん
当時、あまりなかった「オープンワールド」もので、本当に寝る間も惜しんで、あの世界観に没入したものです。
オタハナちゃん
全般的にオープンワールド系がお好きなんですね。
須々木さん
「オブリビオン」や「スカイリム」「フォールアウト」もオープンワールドものですから、須々木はこのジャンルが大好きなんでしょうね。ただ、今にして思うと、「異世界の再現」「サバイバル」が主眼に置かれた海外ゲームと違って、「ガンパレード・マーチ」はあくまで「同僚たちとの関係性」に主眼が置かれたゲームデザインなんですよね。
オタハナちゃん
非日常の中の日常が描かれていましたね。
須々木さん
「日常を、友達と楽しく過ごすこと」でその世界がよりよく、素晴らしいものに変化していくというゲームデザインは、洋ゲーにない和ゲー要素だなと思います。PS初代というハードの制約が大きくて、結局「群像劇」の形になってしまったんでしょうけど、洋ゲー的な「外に広がる」設計にしてたらあそこまで面白くならなかったでしょうね。
51R0Z51CH6L
オタハナちゃん
休日は主に何をして過ごしていますか?
須々木さん
休日・・・。休もうと思って休むことって、あまりないんですよね。何か予定が入って、結果的に仕事が出来ない、というようなことはありますが基本、時間があれば少しでも仕事します。須々木は、ほら、真面目ないい子ですから。
オタハナちゃん
勤勉ですね。最近ハマっていることはありますか?
須々木さん
さきほども挙げましたがトレーニングです。今、実践空手の昇段審査を控えているんですが、10人組手が待ってるんです。
オタハナちゃん
10人組手というのは聞いたことはあるのですが実際にはどんな感じなんでしょうか?
須々木さん
10人の黒帯が代わる代わる順番に須々木を相撲部屋的な意味で可愛がる時間が待っています。
オタハナちゃん
可愛がり(物理)
須々木さん
仕事を休むわけにはいきませんので、少しでも体力を付けるためにも空いた時間を見つけては筋トレと有酸素運動をして、怪我の防止に務めております。
オタハナちゃん
なかなかハードな毎日ですね。他には?
須々木さん
他には、海外ドラマですね。映画はあまりみませんし、日本のドラマも全然見ないのに、海外ドラマはもう毎日毎日欠かさず見てます!
suzuki004
オタハナちゃん
平日24時間の行動スケジュールを教えてください。
須々木さん
朝8時起床
実家(徒歩2分)の犬の軽い散歩をして、
プロテインを飲んで、昼前ぐらいまで仕事をします。
んで、ジムに行って有酸素運動と筋トレをします。
帰宅後昼食。
夕方まで仕事をして、17時頃また実家の犬散歩ですね。
だいたい30~40分ほど、犬との綱引きを楽しんだ後、
18時頃夕食。
それから夜は道場で稽古。
稽古がない日はもう一度ジムに行って、有酸素運動や水泳をします。
そして帰宅後、だいたい夜中まで仕事をして、
寝る前にもう一度実家の犬の散歩をして風呂入って・・・ってしてると
大体夜中の2時ぐらい就寝ですね。

仕事の合間合間に海外ドラマを見たり、ニコ動みたりしてますので、仕事そのものはそんなに過密スケジュールではありません。

結構ダラダラと働いています。
suzuki005
オタハナちゃん
現在欲しいものはありますか?
須々木さん
うーん・・・極論すれば「お金」ですね。須々木は、お金のためにアダルトゲームを作成していますから、お金があればシナリオライターをしていないんじゃないかなぁ。
オタハナちゃん
と言いますと?
須々木さん
お金さえあれば、時間のゆとりも出来ます。やったことないけど釣りをしたり、やったことないけど天体観測をしたり、行ったことないけど将棋の教室に通ったりできますもんね。釣りと天体観測と将棋は、いずれやりたい趣味なんです。誰か優しく手ほどきしてくれないかなぁ・・・。
オタハナちゃん
生きていく上で一番大切にしていることはなんですか?
須々木さん
人に好かれるよう努力する、ですね。若い頃、幼稚で自分本位なクソみたいな人間だったんですが、社会人になっていくにつれて「これじゃ駄目だな」と思い直しました。もちろん上手く行かず相手を怒らせたり、嫌われたり、失望させてしまったりすることもありますが、これでも若い頃とくらべ随分マシになったんですよ?
オタハナちゃん
人との繋がり、社会との繋がりを大切にすることは人生を豊かにするためには大切ですよね。
須々木さん
座右の銘は「君子、豹変す」ですね。とりあえず須々木な何か事件を起こした際、知人のインタビューで「須々木はとてもいいやつだった。なのにあんなことをするとは・・・」とか「須々木が、あんな破廉恥な犯罪を犯すとじゃ信じられない!」とか言って貰えればなーって思っています。

【過去・現在・未来】

オタハナちゃん
小さい頃はどんな子供でしたか?
須々木さん
何も考えていませんでした。目先の楽しいことを優先させ、一切の努力をしてきませんでしたね。他人との共感性も著しく低く、相手がなぜ怒ったのか、どうして迷惑に感じているのか、ホンキでわかっていませんでした。アホやったんですね。きっと。
オタハナちゃん
現在の悩みや不安なことはありますか?
須々木さん
ハゲたこと。老眼になったこと。将来、どうやって生きていこう?などなど悩みは付きません。会社員よりも楽をさせてもらっていますが、将来のことを考えると、やっぱりフリーランスは不安要素だらけです。
オタハナちゃん
将来の不安はありますか?あれば具体的にお願いします。
須々木さん
アダルトゲームというジャンルはいつまで生き残れるのでしょう・・・。たとえ市場が活性したとはいえ、ジジイになったライターに、若者の性的嗜好にそったテキストが書けるのでしょうか。将来のことを考えて飛び込んだ業界ではなかったので、10年後20年後の自分が見えないまま、必死で働いてきたため、先が見えなくなってしまっております。
オタハナちゃん
将来の夢はありますか?あれば具体的にお願いします。
須々木さん
・アダルトゲームライターとして死ぬまで書き続けること:転職とか、今更面倒だよなぁ・・・という後ろ向きな理由ですね。
・小説家になる:この目標のため、一切頑張っていない自分に愕然としてしまいます。
・転職する:須々木、結構歳を食ってしまったので、今更何ができるんでしょう・・・考えるだけで気が滅入ります。
オタハナちゃん
色々と夢がありますね。
須々木さん
色々考えてみましたが、結局「高収入の女性と結婚して主夫になる」が夢ランキング1位になりました。2位は「中収入の女性と結婚して主夫になる」3位は「低収入の女性と結婚して、二馬力で頑張る」といった感じです。
オタハナちゃん
老後はどうしたいですか。
須々木さん
老後は、ブラブラしたいですねぇ。幸いやりたい趣味は沢山ストックしておるんです。将棋と、天体観測と、釣りと、武道と、バンド活動と・・・旅行や社交ダンス、ウィンタースポーツなんかもやりたいですね。
オタハナちゃん
アクティブな老後ですね。仕事はまた何歳ぐらいまで続けたいですか。
須々木さん
須々木に仕事がもらえるなら、仕事はいつまででもやるつもりです。なのでアダルトゲーム市場の活性化を心から願って止みません。

【最後に】

オタハナちゃん
仕事等で宣伝やアピールがあれば
須々木さん
えー、ライターとしては相当底辺なので、宣伝するようなものは特にありませんが、今後も須々木が関わった作品を手に取っていただければ嬉しく思います。
それから、ソフトハウスの方々。もしテキストにお困りのことがございましたら、お気軽に須々木の方までご連絡ください。
Editor’s note
シナリオライターという仕事はもっと自由なアーティストのようなものと思っていた。しかし須々木さんの話を伺ってかなり印象が変わった。報告連絡相談・納期の厳守・雇い主との調整力、良いクリエイターは良いビジネスマンである必要を感じた。


suzuki006