オタクの恋愛事情:特定50人に聴いた「オタク同士の恋愛ってどんな感じ?」その2

TITLE2

オタクの恋愛事情:特定50人に聴いた「オタク同士の恋愛ってどんな感じ?」その1

2016.12.19

今までのパートナーにしてもらって嬉しかったことは?

Tさん(20代前半) 女性
誕生日プレゼントにプレミアの付いたゲームをプレゼントしてくれた事。
Nさん(30代前半) 男性
辛い時に傍にいてくれた事
Pさん(30代前半) 男性
自分が病気になった時に側にいてくれたこと。
Iさん(30代前半) 女性
仕事終わりで相当に疲れているのに私が会いたいとワガママを言ってしまって、無理と断られたけどその後に実は会いに来てくれたこと。
Sさん(30代前半) 男性
誕生日に当時好きなキャラのコスプレをしてもらった事。
Zさん(20代後半) 男性
ヲタ趣味(具体的にはアーケードゲームでの実績)を褒められること
Gさん(20代後半) 男性
膝枕されながらアニメ見る。
Nさん(20代後半) 男性
仕事で疲れた時にも一緒に遊んで気分転換してくれること
Oさん(20代前半) 女性
高価なプレゼントをもらう事はあまりありませんが、仕事帰りにおやつやお土産を頻繁にしてくれるのが嬉しいです。
Rさん(20代前半) 男性
サプライズプレゼントですかね、誕生日にしてもらってすごく嬉しかったです。
Gさん(20代後半) 女性
パソコンをセッティングしてもらった。原稿中は色々気を遣ってもらえる
Sさん(20代後半) 男性
オタク趣味以外のことで言えば多々あるが、限った話をした場合であれば自分が好きだと言っているジャンル・コンテンツに対してもアンテナを張っていてくれること。一緒に楽しんでいるような感覚を持つことができる。
Iさん(20代後半) 男性
一緒に食事を囲める事。自身が病気で弱っていた時期に離れるのでは無く、支えてくれたこと。
Pさん(20代後半) 男性
友好的にアニメに対する批判意見を出し合ったり、オタクコンテンツをテーマにした仲良しこよしの喧嘩をしてくれたところ。
Kさん(20代後半) 女性
私のことを考えて、行動してくれること。貴重な時間を使って自分の事を考えてくれるって、とても素敵。(お泊まりからのディズニーデート最高でした)あとはペアリングとかほしいって言って一緒に探したり!求めてもらえてるのが分かるのが一番嬉しい。
Sさん(30代前半) 男性
苦手な片づけを積極的にやってくれること。逆に自分は料理は好きなので料理を振る舞うことでバランスを取ってるつもりです。
Gさん(30代前半) 男性
ご飯作ってくれたり、部屋の掃除してくれたり。普通のことなんだけど特別なことより日常的なことのほうが嬉しかった。
Yさん(30代前半) 女性
指輪を買ってもらったこと。アクセサリの中でも指輪ってもらうことに意味がある印象なんですよね。
Nさん(20代後半) 女性
常々、お互いが好きな作品を紹介し合う事があるのですが、非難したり興味がないと最初から切り捨てるのではなく、紹介してくれたものをまず見てみようやってみようと歩み寄ってくれる事。自分もそう心がけてますが、なかなかそうはいかない物だと今までの人間関係で思い知っていますので、非常に嬉しい事です。
Kさん(30代後半) 女性
風呂入ってる間にFGOのアイテム稼いでてくれた
Rさん(20代前半) 女性
好きな舞台のチケットに抽選が落ちてしまって泣いていたら、彼氏が秘密で応募していた当選チケットを見せて「楽しんでおいで」と言われたこと。アーケードゲームで、強くなりたいの一言でハイランクと戦えるようにしごきまくってもらえたこと。
Kさん(20代後半) 女性
好きだと言っていたブランドを覚えていて、プレゼントしてくれた事。大体の事は聞いていないか忘れてしまっているので、好きなものを覚えていてもらえて嬉しかったです。
Tさん(20代後半) 女性
新しいアーケードゲームがリリースされる時に誘ってもらえたこと。
Pさん(20代後半) 女性
なんでも嬉しい
オタハナちゃん
趣味についてのものが多いかと思っていましたが、同じぐらい一般的な恋愛にもあるサプライズや記念日のプレゼント・癒し系の内容もありました。

今までのパートナーにされて悲しかったことは?

Pさん(20代後半) 女性
誕生日間違えられた
Kさん(20代後半) 男性
趣味に没頭しすぎて忘れられている時がある事。
Oさん(20代後半) 男性
浮気。バレている隠し事。
Yさん(30代前半) 女性
考えを押し付けられて一方的に話をされたこと。
Pさん(30代前半) 女性
無関心、放置。
Mさん(30代前半) 女性
パートナーが体調不良でデートがドタキャンになった際に、その後のフォローをしてこない。
Oさん(20代前半) 女性
過去に喧嘩した際に咄嗟に出た言葉でも「仕方なく付き合ってる」と言われた事です。
Yさん(20代前半) 女性
お金をかけて物をたくさんあげれば満足するだろう、と一緒にいる時間は大事にしてもらえなかった時
Zさん(20代後半) 男性
自らが相手のことを本気で想っていないことを見透かされた時。あるいは、そこに自分が気づいてしまい虚しい時。
Iさん(20代後半) 男性
好きなアーティストの批判(女性アーティストだった為)
Pさん(20代後半) 男性
自分の好きな作品に対して批判するでもなく、一切の興味を示さない顔をされたとき。
Nさん(20代後半) 男性
イベントに一緒に行こうとしていたが、自身の仕事が忙しくなかなか都合がつかなかった際に、我慢できず行ってきたと後で言われたこと
Kさん(20代後半) 女性
完全に紐っていうか、お姉ちゃん扱い。お母さんとバカな子供みたいな感じで、あれは最早付き合ってない。面倒くさくて手切れ金渡してなかった事にしてもらった。勉強代ですね。
Sさん(30代前半) 男性
一番悲しかったのは、好きだった相手の心が離れていくのが見えたとき
Gさん(30代前半) 男性
異性と二人で食事に出かけた。共通の友人の悩み相談だったし、浮気とかじゃなかったんだけど。共通友人だからこそ一言言って欲しかったかな。悲しいというよりヤキモチに近い感情かなw
Dさん(20代前半) 女性
「何時くらいに電話してね?」と約束しててもゲームやアニメに夢中ですっぽかされてしまったこと。一度なら許せてもなかなか数が多いので
Sさん(30代前半) 女性
若い頃家庭環境からメンタルやられている時に、パートナーからその状況に通じる最悪手をされかけた時。本人はそのことに関してかなり反省してるみたいなので、今はそこまででもないです。
Pさん(30代前半) 男性
クレジットリボの支払いが数十万円あることを隠して同居し、肩代わりして徐々に返していたら、また限度額まで使われ、カードを取り上げたら無断で自分のクレジットカードを使われた。
Rさん(20代前半) 女性
別れを切り出したのですが向こうが嫌がって今現在ズルズルしている現状が嫌でしょうか。
Yさん(20代前半) 男性
あまりに期間が空いて放って置かれると、やっぱり少し寂しいと思う
Tさん(20代後半) 男性
それまで取り合ってた連絡が徐々に減ってきていることに気付いたとき。(されたことではなく、自然にお互いにではある)
Nさん(20代後半) 女性
回限定のレアなエロゲの借りパク(人づてで何とか返してもらいました)
Gさん(20代後半) 男性
エロゲのキャラに嫉妬
Kさん(30代後半) 女性
自分から元カノの話を言う事。わざわざ私に言う必要ないのに何故するのか意味がわからない。
Eさん(30代前半) 男性
無言で荷物まとめて逃げられる(しかも2人)
Tさん(30代後半) 女性
他の女性と二人きりでオールナイトのイベントに行かれたこと。
Tさん(20代後半) 女性
付き合っていたのに、他の女性には付き合ってないよと言っていたこと。
Iさん(30代前半) 女性
大切な話をすると分かっているのに自分が余裕ないからと言って連絡すると言った言葉を守れず、こっちから連絡しても出ないで引きこもられた時。手の内ようがなくて悲しいし、困るしでこっちは八方塞がり。
Rさん(20代前半) 女性
趣味へのお金として共通貯金を使いこまれたこと。アーケードゲームを一緒に始めた彼氏に意見するようになったら「そういう性格だとは思わなかった」と言われて振られたこと。
Iさん(30代前半) 女性
ゲームの趣味はないのにゲーセンで放置されたこと…
Hさん(30代後半) 女性
「ガンダム観たいから(デートをキャンセルで)帰るわ」と言われた事が…。
Kさん(20代後半) 女性
慣れない生活や土地に馴染めない事の無理解。
Hさん(20代前半) 女性
ゲームのイベントが忙しくて予定をドタキャンされた一緒にいるのに画面ばっかみてる
Jさん(20代後半) 男性
カレーのライスを炊き忘れ。
オタハナちゃん
傾向としてはコミュニケーション関連のものが一番多く、誕生日や記念日イベント関連と浮気も多かったです。

もし趣味とパートナーを選ばなくてはならない場合、どちらを選びますか?

008

オタハナちゃん
パートナー派のコメントです!
Oさん(20代前半) 女性
パートナーです。数年前だったら趣味を選択していたかもしれないですが、最近のめりこめるジャンルがないので。年齢的に落ち着いたのだと思います。
Yさん(20代前半) 女性
パートナー選択肢ができたときそれを即決できないような相手をパートナーとは思わないから
Rさん(20代前半) 男性
今は断然パートナーですね。付き合いだして色々知ることができて共通趣味以外の部分でも共感を得られる部分が出て来ましたし、実際前より趣味に割く時間が減って来ました。
Zさん(20代後半) 男性
パートナー・20代後半に入り、現実的な選択をせねばならない中で非常に悩ましいため
Cさん(20代後半) 男性
パートナー既婚者なので、相手の人生を面倒みる覚悟で結婚したから。
Nさん(20代後半) 男性
今はパートナーを選ぶ。以前は趣味を選んでいた。自分のやりたいことをするのが優先で、完全に趣味>恋愛。
Kさん(20代後半) 女性
パートナー。オタク趣味以外にも、一緒に楽しめる趣味が沢山あるから。
Rさん(20代後半) 女性
パートナーと過ごす時間を完全に捨ててまで大切にしたいオタク趣味はない。趣味を通じて関わった人の関係がわずかでも残ればいい。一緒に楽しめれば一番いいけれど。
Jさん(20代後半) 男性
趣味から得られぬ安心感を得る為にパートナーを選びます。
Gさん(30代前半) 男性
パートナー。オタク趣味じゃなくても趣味は見つけられると思う。オタク趣味なパートナーならいいんだろうけど。
Dさん(20代前半) 女性
パートナーオタク趣味をやめても後々ほかの趣味が見つかりそうな気がするし、それくらい今のパートナーが大事なので
Rさん(30代前半) 女性
パートナー。オタク以外の趣味も無くはないので。
Dさん(20代前半) 男性
パートナー、それほど彼女は尽くしてくれるしそれに応えたいから
Nさん(20代後半) 女性
現在のパートナーであれば、その人間性や才能に惹かれているので、そちらを取ります。これまでのパートナーであれば、2秒でオタク趣味を選んでいると思います。
Tさん(20代後半) 男性
パートナー。今のめり込んでいるものが、人との関係を上回る/関係を壊してまで続けるものとは思わないため。
Gさん(20代後半) 男性
相手によるけどパートナー。趣味は余暇で楽しむものであって、自分の生活の基盤ではないと思っているから。
Kさん(30代後半) 女性
パートナー。既婚なのと、趣味は新しく見つけられるけど新しいパートナーは見つけるの難しそう
Eさん(30代前半) 男性
自分に勿体無いくらいのパートナーが見つかれば、オタ趣味を捨てても良い(笑)
Tさん(30代後半) 女性
どちらかを選択する必要がない相手に巡り会えたので結婚した。昔なら迷わずオタク趣味を選んでました。
Tさん(20代後半) 女性
パートナー。年齢的に。しかし、ある程度オタク趣味をわかってくれる人でないとやっていけない気がする。
Oさん(20代後半) 女性
パートナー 趣味を取るならパートナーはいなくていいから
Iさん(30代前半) 女性
パートナー。ハマれる物はいつかまた別に出てくるかもしれないけど心から好きになれる、尊敬できる人は早々いないし出来ないと思うから。
Pさん(20代後半) 女性
パートナー多趣味だからオタクなくても生きていけると思うけども、パートナーいなかったら間違いなく精神的にまいるから
Tさん(20代後半) 女性
パートナーを選びます。私はいずれオタクを辞めるなりすこし控えるつもりでいますし、主人が楽しそうに話しているのを聞いてるのも私としては楽しいことなので、オタク趣味がなくなっても困らないから。他にも沢山共有している趣味があるのでそちらを展開していけば良いと考えます。
Sさん(30代前半) 男性
パートナーを選びます。やっぱり“人の温もり”に勝るものはないと思います
オタハナちゃん
趣味派のコメントです!
Oさん(20代後半) 男性
オタク趣味仕事も兼ねているので、生活がなければ何も出来ない
Sさん(30代前半) 男性
オタク趣味、その時その時の自分の精神状態に合わせられるかが結構重要な気がします。パートナーはタイミング悪いと自分が凹んでるときに追い討ちにもなりかねないので
Nさん(20代前半) 女性
オタク趣味をとります。確かに結婚したらとか考えますが、自分の欲に嘘ついてまで生きようとは思いません(笑)
Mさん(30代前半) 女性
オタク趣味。オタクは「辞められる物」ではないから。
Yさん(30代前半) 女性
どうして選ばなくてはならない状況になったか、によります。パートナーが拒否する形で趣味がダメになるなら、パートナーを切り捨てます。子供ができたとか、家庭的なことで変化が起きたのであればパートナーを取ります。
Pさん(30代前半) 男性
オタク趣味。自分自身の楽しみを優先しないと確実に腐るか、心が死んでいく。
Rさん(20代前半) 女性
オタク趣味です。結婚願望がないので、よほどいい方と出会わなければ趣味を選びます。
Sさん(30代前半) 男性
オタク趣味。理由としてはパートナーはいずれ離れるだろうし、優先は出来ません。
Yさん(20代前半) 男性
趣味。出来ればどっちも捨てたくないけど、多分オタク趣味は捨てることが絶対出来ないと思う。
Rさん(20代前半) 女性
オタク趣味。わたしの癒しでもあり、最早わたしを形成する一部なので、死に別れたりあいそがつきたりするかもしれないパートナーとは(物理的にも)次元が違う。
Rさん(20代前半) 女性
オタク趣味、ライブみたいな楽しみが無いと生きていけない
Sさん(20代前半) 男性
オタク趣味。理由は自分のアイデンティティである為
Sさん(20代後半) 男性
現在は、オタク趣味をとると思う。が、年々オタク趣味への熱が少なくなっていることもあり、数年後には逆転しそう。仕事への忙しさ、オタク趣味の流行の速さ、パートナーといる時の精神的安息。その辺が主な理由かと考える。
Iさん(20代後半) 男性
選択する際どこまでの(結婚等の)覚悟を決めているかによるが基本は趣味。既に若いと言われるところからは離れつつあるが、まだ自分のやりたいことをやりたいという気持ちの方が強い。
Tさん(20代前半) 女性
オタク趣味。常々パートナーはいなくても構わないと思っているので、オタク趣味を放棄する理由足り得ない。
Pさん(20代後半) 男性
オタク趣味。オタクコンテンツは無限に拡大して行くが、女子は留まることなく劣化してゆくから。特定の誰かに対する恋愛感情というものは、有効期限の短いものであるし、オタク趣味か恋人かという究極の選択を迫られたならば、迷わず前者を選択すると思う。しかし、この選択がもしも、オタク趣味か、毎日日替わりでどんな美人とも遊べる権利という究極の選択であるならば、後者を選んでしまうかもしれない。

現在のパートナーと結婚したいですか?

007

オタハナちゃん
したい派のコメントです!
Oさん(20代前半) 女性
したいです。性格や趣味に理解があるので長い期間付き合って居ますが、恋人でもあり、友人でもあるような気楽さがあります。
Rさん(20代前半) 女性
したい、相手の職業が安定していて給料も悪くないから
Rさん(20代前半)
既に結婚を前提にお付き合いさせていただいてます。両両親共挨拶済みで、とても順調です。初めてオフ会として会った時にお互い感じるものがあり、「前提にお付き合いしません?」って所でした。
Rさん(20代後半) 女性
したい。自分の意見を持ちながら他人の意見を聞き、場合によっては考えを曲げることができる人で、自分には中々できず尊敬できるから。
Jさん(20代後半) 男性
一緒に暮らして数年なのであとはもう結婚のみ、という段階。惰性というわけではありません。
Dさん(20代前半) 女性
いつかはしたいと思ってます。互いに一緒にいるのが楽しく幸せだし、私の人生で一番しんどかった事を一緒に乗り越えてくれた恩人でもあるので
Rさん(20代前半) 女性
できることならしたいと思っています。思いやりや素直さ、金銭感覚や様々な面での価値観の一致。わたしの趣味への否定の言葉が一切ない上、休日イベントに行くのも、意見を尊重してくれる。
オタハナちゃん
したくない派のコメントです!
Rさん(20代前半) 女性
いいえ。私が今の彼氏にあまり愛情がないからです。
Sさん(20代後半) 男性
難しい。パートナーの金の浪費癖が中々激しく、付き合う分には趣味の時間への配慮・自立心・束縛度なども含めて良い。が結婚とすると子供への教育資金などで、潤沢な資金の提供について一人では不安を覚える。
Tさん(20代前半)
結婚は考えていない。今の生活環境と同等、もしくはそれ以上の生活水準や自由が保障されておらず、また、経済的に安心感がないため。
Pさん(30代前半) 男性
気持ち的にはしたいが……。同居しているが、パートナーが無職なのに家事をせず、金使いも荒いので経済的に難しい。
Tさん(20代後半) 男性
現在パートナーはいない。結婚したいとは思わない。結婚や交際を薦めてくる職場の先輩や上司の家庭の愚痴を頻繁に聴くため、そこまで積極的になれない。
オタハナちゃん
その他のコメントです!
Iさん(20代後半) 男性
現在のパートナーは半年と経っていないのでまだそこまでは考えていない
Yさん(20代前半) 男性
してはみたいが、するビジョンがうまく見えない

最後に

オタハナちゃん
いかがでしたでしょうか?イメージしていた結果と違った・一緒だった!など色々思う所があると思います。現在パートナーがいる方もいない方も今回のリサーチ結果から恋愛について考えるキッカケにしてもらえれば幸いです!
オタハナちゃん
重ね重ねアンケートにご回答ご協力頂けた方々、貴重な体験談のご提供ありがとうございました!
もし次回のアンケートにご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、こちらのアカウントをフォローして頂ければ幸いです。m(_ _)m